おもちゃ

なぜダンボール?

Stego03b


ARTOY展に、今年で通算5回出展することとなりました。

とゆうことは、ダンボールでモノづくりを始めて、4年になるのか~。

あらためて、なぜダンボールだったの?

これは、多分に僕達の環境が影響していました。

借家住まいの家の中でも、音やにおいや振動を出すことは許されません。

その点、ダンボールは、カッターで切った、ノリで貼ったの世界なので、木工のように近所を気にする必要がありません。

それに、材料も入手しやすい!

なにせ、スーパーに行けば、いくらでも拾ってこれますから…。

このように、ダンボールは異常に敷居が低くて、誰にでも気軽に取り掛かれる素材と言えます。

しかし、その敷居の低さが、僕達を悩ませることとなります。

ちょっと気を抜くと、すぐ小学生の工作のようになってしまうので…。

なので結構気を使いますよ~。

切り口を綺麗にカットするため、カッターの刃は、頻繁に交換するし…。

濡れると、すぐしわになるし…。

一度へこむと、もとに戻らないし…。

でも、ダンボールを1枚、1枚カットし、それを丁寧に貼り合わせて立体にする作業は、結構楽しい。

何の変哲もないダンボールが、一つの造形作品に変身する様は、やってみた者でなければ分からない感動があります。

だから、4年も続いたのかな?(剛)


Murao Design Works の dan saurus のページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ARTOY2010 のDM!

Artoy2010


Artoy2010_2

ARTOY2010 のDMが完成しました。
作家メンバー香田佳子さん作です!
なんとも涼しげで、
季節感&浮遊感たっぷり~
素敵なDMです。

一方こちらは・・・
DMが手元に届けられ、
緊張感たっぷり~
でございます、ハイッ!   (夏代)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アートイ2010 試作・・・

アートイ展まであと一カ月!
そろそろエンジン全開にしなければ dash
気ばかり焦るけれど、
なかなか形が決まらない sweat01
作っては改良~作っては改良~

2010

これは、その図面の一部。
何だか、わかりますか?
結果は オ・タ・ノ・シ・ミ wink    (夏代)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アートイ展まで、あと2カ月!

お題 “浮遊” にどうせまろうか・・・
まだ試行錯誤しています think
ダンボールを積層するという方法は、
塊感を出すには
もってこいのですが、
浮遊…を、そのもの単体で表現するのは難しくて・・・
そこでひらめいたのが、
“壁” という助っ人!flair
フ~ムフム catface
この線でいけるかな?
どうかな?          (夏代)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kitahara World Car Serection No.049 Ford Ka

Ka04b


池袋のサンシャインシティのナンジャタウンに、餃子スタジアムという餃子専門のテーマパークのようなものがあります。

横浜のラーメン博物館の餃子バージョン?

内部は昭和30年代風にデコレーションされています。

その中の駄菓子屋で見つけました。

うぉ~、黄色のKA!

棚の上に何気なく置いてありました。

さっそくGETして確認してみると、おもちゃコレクターの北原照久氏プロデュースのミニカーシリーズのようです。

値段は350円ほどですが、プロポーションやペイントが良いので、KAのかわいらしい雰囲気を上手く表現していて、なかなかのものです。

やったーとレジに並んだ時、夏代の視線がチョット冷たかったような気が…。(剛)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アートイの季節が・・・

アートイの季節が、もうじきやってくる。
そろそろ始動せねば・・・
と、やや焦りはじめた夏代です。
どうも大変ご無沙汰しておりました(ペコリ)

ちなみに、今年のテーマは“浮遊”
ウチの十八番はダンボールの積層
これで、どうやって浮遊感を出そう?????
うーんうーんうーん
途方に暮れ、とりあえず向かった先は図書館。
で、借りてきた本がこれ。

100316

まだイメージはない。
ちゃんと間に合うかな・・・(汗)
心配半分、楽しみ半分。
さぁてさぁて、いったい何が生まれるのやら・・・
お・た・の・し・み・に!           (夏代)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MATENRO CHESS(摩天楼チェス)

Matenrochess01b

ダンボール工作シリーズ。

世界の超高層ビルを、チェスの駒に見立て、対戦させる。

えーと、アメリカ対アジア圏。

高さを忠実に再現しているので、かなりリアル。

ちょっと、マンハッタン島のよう。

でも、ツインタワーは無理なので、ペトロナスタワーはありません。

いまなら、ブルジュ・ハリファも作らなくちゃ!(剛)


Murao Design Works 摩天楼チェスのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダンザウルス(dansaurus)

Stego01b


ダンボールでの工作シリーズ第1段が、この「ダンザウルス」。

桑沢の同級生から誘われて、「ARTOY」に出展したのがはじまり。

なぜ、ダンボールかというと・・・。

とにかく、簡単に立体造形物できることです。

うちはマンション住まいなので、木工などの音を出す作業はNG。

塗装も、スプレー塗装などはもってのほかです。

その点ダンボールならば、切った貼っただけの作業なので、音も匂いも振動も発生しません。

ただ、ダンボールでお金をとれるだけのクオリティーが出るかが問題でした。

そこで思いついたのが、ダンボールを地形コンタのように貼り合わせて、立体を造形することでした。

手間はかかりますが、面白いものが出来るなと感じました。

「ARTOY」はおもちゃがテーマなので、題材は恐竜にしました。

出来るだけ、丸みをおびた造形で、可愛らしく。

ダンボールの断面が綺麗に出るよう、工夫しました。

それなりに好評で、今製品化する方向で動いています。(剛)


Murao Design Works ダンザウルス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おうち・ぶろっく

Ouchiblock02b


毎年、6月に銀座で「ARTOY」というグループ展に参加しています。

今年で、5回目となります。

僕たちは、最初からダンボールをテーマに作品を出展してきました。

この「おうち・ぶろっく」は、昨年のもの。

夏代が全て製作しました。

3mmのダンボールを、カットして貼り合わせています。

町並みをつくるように、並べたり、積み重ねたり。

いろいろな、風景をつくることができます。

さて、今年はどうしようかな~。(剛)


おうち・ブロック

他のダンボール作品はこちらから

| | Comments (0) | TrackBack (0)